お気に入り☆
ジ・イーヴル・ディヴァイド 【初回限定盤CD+ボーナスDVD(日本語字幕付き/日本語解説書封入/歌詞対訳付き)】
ジ・イーヴル・ディヴァイド 【初回限定盤CD+ボーナスDVD(日本語字幕付き/日本語解説書封入/歌詞対訳付き)】 (JUGEMレビュー »)
デス・エンジェル,マーク・オセグエダ,ロブ・キャヴェスタニィ,テッド・アギュラー,ウィル・キャロル,デミアン・シッソン
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ついに新編成の写真が公開されましたね…(涙)……ん? | main | お楽しみは自分で作るんだぜ… >>
『無頼豊饒』一周目終了。
        
人間椅子の通算22枚目となるアルバム『無頼豊饒』がついに発売されました。


『無頼豊饒』


私、今回はHMVで購入したのですが、
特典でプリントサイン入りポートレートというものが付いてきました。


サイン入りポートレートー。
どこに飾りましょうかね…。(^ω^;)


さて、今回のアルバム。
なんだか周囲の反応がイマイチ…のように感じられて
あー、聴くの怖いわー(><)と思いながら聴いたのですが、
んー、まーそーだなー…
私が再び椅子聴き始めた09年以降に出た作品の中で
一番「ウーーン…」かもしれない…(苦笑)
いや、ダメだって言ってるわけじゃあないんです。
何かが物足りないって言うか…。

前作のようにメタル色強めな部分もあり、
“迷信”のような私が望んでたスラッシーな曲もあるんですけども。
てか、この曲のイントロ来た時、鈴木さんVoかと思ったんですが…違いましたね(笑)

んまぁ、“地獄の料理人”なんかはライヴで盛り上がりそーな気が。
ヘイ!ヘイ!したいし、一緒に「♪〜焼〜いて食うか〜」とか歌いたい(笑)

と、そんな中で私が「ハッ!(゚Д゚)」となった曲が、“悉有仏性”だったりします。
これを聴いた時、初めの内は「なんだか取っつきにくいなぁ…」と思ってた“新生”を
好きになった感覚を思い出しました。
あのなんとも言えない浮遊感が心地よくて、
「♪〜あ〜極楽〜〜」のトコなんてホント、極楽だと思う…。

それから、某県人として(?)気になってた“グスコーブドリ”
勝手にほのぼの系だと思ってたけど違ってたねーとか、
“がらんどうの地球”のリフがサバスの"Under The Sun"を彷彿とさせるな〜ωとか
そんなことを思いながら聴いてました。

今後繰り返し聴くことによって何やら新たなことを感じるかもしれません。
しばらく聴き続けてみましょう。


DVDは後ほど見ます見ます…。

                    
| 人間椅子 | 17:51 | comments(0) | pookmark |
                                  
コメント
コメントする